膝立ちシュートブロック ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

膝立ちシュートブロック

サッカーのゴールキーパーは、膝立ちで構えた状態からシュートブロックの練習をするのも効果的な練習になると思います。
というのも、ディフェンスが突破されて相手選手と1対1になった時、絶望的な場面を救うことが出来る技術だからです。

 

膝立ちシュートブロック

 

良く1対1の場面になると相手に対して飛び込んでいくゴールキーパーが多いですが、かわされて誰もいないゴールに打たれたり、飛び込んだ脇をボールが抜けていく危険性も高くなります。

 

 

そこで1対1でシュートを打たれる前に、少しでも相手との距離を詰めることが前提になります。
但し、間合いを狭めている間にシュートを打たれそうな時は、その場に立ち止まって、安定した姿勢で捕ることを優先しましょう。

 

 

そんな膝立ちシュートブロックの練習のやり方としては、膝立ちで構えて相手にシュートを打ってもらい、片手でブロックするようにします。
この時には、両手でバランス良く構えて、左右どちらに打たれても、片手でさっと反応できる姿勢を作って対応することがポイントです。

 

 

正しい姿勢というのは、上体を曲げて重心を低くすることです。このようにしておけばシュートが威力があってもドリブルでの突破に対しても負けない強さを発揮できます。
逆に上半身が真っ直ぐに伸びていると、強い衝撃に当たった時に相手の勢いに押されてしまいます。( ゚Д゚)

 

 

また、腰が浮いしまうのもボールがその下を通過する危険妹性もあるので注意しましょう。
いずれにしても、まずは構えをしっかり作ることです。そして手を出すタイミングで勝敗が決まります。

 

 

相手がドリブルで抜こうとしてきたら、相手の足をひっかけるイメージで手を出すようにれば上手くいきやすいのかなと思います。
一か八かのかけををするような反応をするのではなく、いいポジションで構えて、シュートコースを限定して相手の成功率を少しでも下げようとするほうがより大事なのかなと思います。('ω')ノ

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集