ウオーミングアップ やり方 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ウオーミングアップのやり方

ウォーミングアップをしっかりやっていますか?
そもそもサッカーでのゴールキーパーがウォーミングアップする目的は、練習の前に体を温めて怪我をしにくくするのはもちろん、正面やジャンプしてのキャッチ、セービング、フットワークなどのGKに必要な基本の技術を確認する為に毎回おこなうものです。

 

 

そして、キャッチやセービングにしても、常に正しいフォームで集中して行い、ウオーミングアップだからといって回数をこなすことばかりに気がいってしまい、落球しても構わないといった考えではいけません。

 

 

また、回数やどのくらいの強さでやるかは、個人のその日のコンディションやレベルなどにによっても違ってきますが、ウオーミングアップのやり方としては、いきなりコーチなどがボールを蹴ってキャッチするのではなく、投げたボールから始め、正確なキャッチングとステップワークの反復練習をすると良いですね。

 

 

まずは、ボールを2個くらい使用して、ボールを投げてもらいそれを正確にキャッチングするウオーミングアップから始めましょう。

 

 

例えば、左右にボールを投げてもらい、サイドステップしながら正面でキャッチします。
これはボールを蹴ってやるよりは強度は弱いですが、ステップなどのフットワークに気をつけながら繰り返し行います。

 

 

また、ボールを左右にワンバウンドさせて、それを体の正面でキャッチするのも良いですね。
左右、5回ずつを目安に行います。

 

 

その他にも、ボールを投げてもらう人を中心に、右や左に回りながらGKがサイドステップしながら正面でキャッチしたり、左右にボールを上に投げてもらい、キーパーはサイドステップしながら両足でジャンプしてキャッチ、更にクロスステップから片足でジャンプしてキャッチなど色々なバリエーションが考えられますね。

 

 

何はともあれGKは相手との激突など危険な事も多いので、怪我をしない為のウォーミングアップはしっかりやりましょう。

 

 

なお、この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、フットワークが軽くなる練習法や、GKの基本的な能力が身につくウォーミングアップのやり方をいくつかのバリエーションで紹介してあり、GKはもちろん、指導者の方も参考になるでしょう。

 

GK特有のお勧めウォーミングアップ法をお教えします!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集