スローイング ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

スローイング

投げたい箇所にスローが上手く出来ていますか?
スローイングは、受け手の味方の気持ちになって、とりやすいボールを素早く正確に投げることが大切ですね。

 

 

そして、スローイングには、近くにいる味方にパスを出す場合に使うものと、遠くにいる味方にパスを出すのに使うものがあります。

 

 

●グラウンダーでのスローイング
近くにいる味方にパスを出す場合に使います。
味方がトラップしやすく、次のプレーがスムーズに行えるように、出来るだけバウンドしないように早いボールを投げることがポイントになります。

 

 

ボールをキャッチした後に、膝を落として重心を低くしバウンドが少ない地面をはうように柔らかいスローを出してあげましょう。

 

 

●オーバー
遠くにいる味方にパスを出す場合に使います。
全身を使って、上から大きく振りかぶってしっかり腰を入れて投げます。
手だけで投げると遠くまで投げることができず、正確に味方にパスが出せなくなります。

 

 

全身を使って投げれば、遠くまで正確なボールが投げられるようになります。
スローイングのコツとしては、サッカーボールは大きく野球のように肘を曲げる投げ方は向いていないので、腕全体を伸ばしながら手首と手のひらにボールを挟んで投げます。
腕の動きだけではなく投げる際にしっかり胸をはり、肩を支点にして腕を大きく振って体の反動を使って投げると、コントロールよくしっかりとしたスローイングが出来ます。

 

 

これがしっかり出来るようになれば、スピーディーに攻撃を展開でき、ハーフウェーライン辺りまでボールを投げられるようになり、チームにとって大きな武器になりますね。

 

 

また、腰を使って横方向に腕を回して振って投げれば、サイドハンドスローになります。
オーバーハンドで投げるよりも素早く投げることが出来るので、速攻を仕掛ける時などに有効なテクニックです。

 

 

いずれにしても、受ける選手が次のプレーに移りやすいように、早いボールを受け手の足元に正確に常に投げられるように心がけましょう。
なお、スローイングで投げたい箇所にスローできるには手首をロックして、ラインを意識する練習をすれば、投げたいところに正確にスローできるようになります。

 

 

投げたい箇所にスローできるようになる練習法とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集