フットワーク ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

フットワーク

ゴールキーパーが難しいセーブを出来るようになるには、フットワークは大切ですね。
そして、GKが注意をしなければならないポイントは、目は常にボールを見て頭を固定するようにします。

 

 

セーブ時には、ボールに向かって行き、頭を背けないようにします。
そして、GKの後ろにはゴールネットしかないので、誤った判断は失点につながってしまいます。
その為、ボールがきたら素早く身体を持って行き、顔と身体を使いダブルカバーをするようにしましょう。

 

 

また、シュートを受ける際は、膝を少し曲げ、肩幅くらいに足を広げ、土踏まずと五指の間の部分の拇指球に体重かかけるように構えます。(セットポジション)

 

 

セットポジションが悪く、足の幅が広かったりすると、セーブ出来る筈の股下のボールをトンネルしてしまうなどボールに素早く反応できず動きに遅れをとったりします。
そして、素早く反応するには、すぐに動ける基本姿勢で構えることが大切ですが、止まった状態からは、大きく素早く動くことが出来ないので、動き出す直前に、ほんの少しジャンプを入れると、次の瞬間に素早く大きく動けるようになります。

 

 

ですので、敵がシュートを打つ直前に、ジャンプし、反応するよにしましょう。
一方、地面を転がるボール(グラウンダーボール)の場合は、重心を少し前にするようにしてボールが足幅を通り抜けない程度狭くします。

 

 

重心が前にあることで、こぼれ球にすぐに対応できるようになります。
重心が後ろにあると、後ろに身体が倒れやすくなり、起き上がるのにもそれだけ時間がかかることになり、失点に繋がりやすくなります。

 

 

よいフットワークは、難しいボールもキャッチング出来るようになりますので、意識して練習するようにしましょう。

 

 

今より上手いキーパーになれるGK上達練習法!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集