クロスボールのポジショニング ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

クロスボールのポジショニング

サッカーのゴールキーパーは、クロスボールのポジショニングが大切になると思います。
特に中学生でクロスのタイミングが分からいという選手も多いですからね。

 

ポジショニング

 

ですが、サイドからボールを入れて、ディフェンスをマークする選手とボールに分散させるようにさせて、ゴールを狙うクロスは、攻撃側の有効なプレーです。

 

 

試合では、何度もそのような状況になるので、クロスを出す選手の位置やボールのコントロール、球種、スピードなどによってクロスの球筋が変わってきます。
なので、これらの要素からどのようなボールが飛んでくるのか予測する必要があると思います。

 

 

また、敵のフォワードがヘディングが強いようなら、その選手を基準にしても良いかもしれません。
そして、ボールを持っている相手がサイドを突破してきたら、ボールのあるサイドに寄った状態で前に出るポジショニングをしたほうがいいかと。

 

 

何故なら、このようにすればゴールの角度がなくなるので、シュートの可能性が低くなるからです。
ただ、この時にはペナルティエリア内の状況を確認して、敵の人数やスペースを把握しておかないといけません。

 

 

そして、ボールが上がったら、ニアでもファーでもボールに対して真っ直ぐに進むようにするといいです。
そうすれば、GKは手が使える分だけ競い合いに有利なので、落下点に素早く入ることが出来れば、守りの成功率が上がりますので。

 

 

この時には、余裕があればキャッチングしますが、そうでなければパンチングかフィスティングで弾きましょう。
もし、飛び出すには遠すぎる軌道の時は、ゴールラインの前にポジショニングをとって相手のヘディングシュート
を警戒しましょう。

 

 

なお、速いクロスが入ってきそうな場合は、中央にポジションをとっていると対応するのが難しくなるので、少しニアポストに寄るといい思います。
ファーに上がったとしても、距離が長いクロスはそれだけ滞空時間も長くなるので、落ちてくるまでの間に落下点にタイミングを合わせて入れる可能性が高いからです。

 

 

特に中学生のゴールキーパーで、浮き球のクロスにタイミングが合わずに失点を許してしまうケースが多いように思います。
そうならないためにも、タイミングが合わせられるようにしっかりポジショニングをして、処理できるようにしていきましょう。('ω')ノ

 

合わせて読みたい関連記事

DVD2の収録内容

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集