構え方 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ゴールキーパーの素早く反応できる構え方

あらゆる方向や角度、高さが飛んでくるシュートに反応出来ていますか?
サッカーのゴールキーパーは反射神経もさることながら、反応から素早く身体を動かすことが出来る構え方が、セービングには必要になりますね。

 

 

そんなゴールキーパーの基本の構え方は、足は肩幅もしくはそれよりやや広いくらいの自然な足幅で立ち、膝は軽く曲げ前に重心をかけるようにすることが大切です。

 

 

このように構えることで、速いシュートにも素早く腕を伸ばせるようになり、背後の山なりのボールに対してもスピードがないので、前傾して前に重心をかけても十分に対応することが出来るのです。

 

 

また、ペナルティエリアに侵入してきた時などの相手との距離が近い場合は、更に腰を落として低い姿勢で構えて重心を前にかけます。
それに加えて、重心を低くして構える時には左右の手を斜めに開くようにします。

 

 

このような構え方にすれば、1対1になった時でもシュートコースを潰すことになり、地面を転がってくる強烈な速いグラウンダーのシュートにも反応しやすくなるんですね。
この時の手のひらも、しっかり開いて前に向けるようにしましょう。

 

 

近い距離ではパンチングすることは少ないので、手のひらや甲を使って、ボールをはじいてコースを変えるディフレクティングをした方がより有効なのです。
なお、自分のチームが攻撃している際は、腰を落とす必要はないので、リラックスして自然体で立ちボールの動きを見てポジショニングをし、攻守の切り替えでのロングボールに備えるようにしましょう。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、選手個人のフィーリングを大切にしながらも、構え方など細かいところまで指導してあり、試合で起こる可能性のあるシチュエーションも映像で分かりやすく解説してあります。キーパーはもちろんのこと、その指導者にもとても参考になるでしょう。

 

いちばん分かりやすい最強のGKバイブル!

ゴールを守りきる優秀なキーパーが育ちます。

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集