コーチング ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ゴールキーパーのコーチングの重要性

コーチングが上手く出来ていますか?
サッカーのゴールキーパーというポジションは、単にキャッチングやパンチング、デイフレクティングなどのセーブの技術はもちろんのこと、味方ディフェンスに的確な指示を出すコーチングが求められますね。

 

 

例えば、相手のフリーなっているフォワードにマークをつけたり、ディフェンスのポジショニングを指示して、シュートコースを消したりするといったことをスムーズに出来れば、敵にシュートを打たせることなくピンチを避けることが出来るようになるのです。

 

 

こうした高いコーチング能力と判断力などがあれば、例え体が小さくても、正ゴールキーパーとしてチームの守護神になれる可能性もあるのです。
そして、効果的なコーチングをする上で大切になるのが味方とのコミュニケーションですね。

 

 

分かりやすい言葉で端的に伝えるのはもちろん、味方の好プレーには「ナイス」と褒めたり、失点後などには「気持ちを切り替えろ」など、奮起する言葉がけをすると、チームメイトと信頼関係が築け、味方がコーチングの指示に対して迷いなく動いてくれるようになるものです。

 

 

また、現代のサッカー守備はもちろんですが、攻撃の場面でもフィルドプレーヤーの一人として重要性が増しています。
カウンターをしかけるロングパスだったり、正確なパス回しなどを行うことが出来るようになれば、チーム全体の攻撃力も一段とアップしてくるのです。

 

 

なお、この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、これまでの試合での実際の経験、指導中の生徒たちの悩みからお伝えできることがあります。 これは試合の流れを読むために大事なポイントです。
また、ロングシュートを打たれてしまった場合など、そこに対するコーチング「寄せろ!」とか「正面に立て!」なども大事になりますが、まずは基本的なことを身につけていないと的確な指示が出せないので、そのあたりも映像で分かりやすく解説してあります。

 

更に、実際に選手を使って指導を交えながら進んでいくので、選手に対してどのように声掛けしているのか「コーチング」の部分も、多くの指導者の方に参考になるでしょう。

 

フィールドプレイヤーから信頼されるコーチングとは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集