セービング やり方 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

基本のセービングのやり方

基本のセービングのやり方を知っていますか?
まずセービングで大切になってくるのが、ダイブする方向ですね。飛んでくるボールに対して自分がダイブする方向は、真横ではなく斜め前。

 

 

例を挙げると、ゴールを背にしている場合ならゴールラインと平行に跳ぶのではなく、ラインから離れるように斜め前に跳ぶようにすることです。
そうしないとシュートをがっちりセ―ブすることができないんですね。

 

 

真横に跳んでしまうと、それだけボールが飛ぶ距離が長くなってしまい、そこを相手につかれたりするなど、それだけデメリットも大きくなります。
更に、常に意識してほしいのは、脇を抜かれないようにするために、低く速くを心掛けることです。

 

 

自分の右側にダイブする場合なら、右足を1歩踏み出し、右腕の肘を脇腹につけるようにして軽く曲げ、手のひらはゴールをふさぐように壁を作るような形にします。
この体勢から右手を右斜め前に向かって右足のくるぶしから、ボールのコースを断ち切りながら、地面をはうように体ごと伸ばしていきます。

 

 

また、この時に地面を蹴る足はボールから遠い側の足からで、つまり右側にダイブするなら、左足で蹴るようにします。
そして、ボールをキャッチしたら、右の手のひらでボールのコースを支えて、左手で上から押さえ込むようにキャッチします。

 

 

この時に両手で壁を作ったり、わしづかみでキャッチしてはいけません。脇からボールがすり抜けてしまわないように隙間を作らないことが何より大切なのです。
キャッチは必ず両手で三角形になるようにして、ボールが飛んきた側の手でコースを作って、反対のもう一方の手でボールを上から押さえつけます。

 

 

いずれにしても、確実なセービングをするには、必ず、ボールが来る方向に対して遠いほうの足で地面を蹴って、地面を滑るような感じでセーブするのが基本のセービングのやり方です。

 

 

なお、不安定なセービングをするゴールキーパーはディフェンダーから信頼されないばかりか、チーム全体にとっても不安定要素でしかありません。
きちんとした基礎に忠実なセービングは地道な練習でこそ身につくものです。

 

 

信頼されるGKが行っているセービングの基本トレーニングをお教えします!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集