コーナーキックのポジショニング ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

コーナーキックでのポジショニングと対処

コーナーキックでのポジショニングがしっかり出来ていますか?
GKはよくゴールを守る最後の砦とも言われますが、適切なポジショニングで構え、チームメイトと協力しあって失点を未然に防ぐことが大切ですね。

 

 

そして、コーナーキックの際には、ゴールキーパーは死角を作らないように構える必要があります。
コーナースポットに向かい合うのではなく、斜めに角度をとって構え、視野を広くとってファーサイド(自分から遠いポスト)に走り込んでくる敵に対処します。

 

 

通常、コーナーキックに対する守備で多く見られるのはゴールポスト近くに味方のフィールドプレーヤを立たせることが多く、チームによっては両方のポストに立たせることもあるでしょう。

 

 

考え方としては、キーパーの前方にしか立たせないことを基本とすると良いです。
したがって、味方のフィールドプレーヤを立たせるのはニアサイド(自分に近いポスト)付近にだけでもOKです。
また、決まった相手をマークしない選手を中央に配置するのも効果的でしょう。

 

 

いずれにしても、速いボールがニアサイドに入ってきた時には、GKだけでは対処が難しいですが、ファーサイドは基本的にはキーパーが責任を持って対処すべきです。

 

 

また、敵選手のポジションは、ニア側に2,3人、ファーサイドに1人ないし2人、GK前に1人、こぼれ球をフォローに1人というようにしていることが多いので、キーパーは味方のディフェンダーにマークを外さないようにしっかり指示することも必要になります。

 

 

いずれにしても、ファーサイドには入り込んで来る相手に対応する為に、可能なかぎり死角作らないように、斜めに角度をとって構えるようにしましょう。

 

 

なお、全てのスキルはポジショニングの良し悪しで効果を発揮することもあれば、無意味になってしまうこともあります。

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、味方DFなどの選手を見る目、瞬時に状況を判断して適格にポジションを変える力のベースとなる考え方が学べます。

 

GKのポジショニングの最重要点とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集