カウンター時の味方との連携 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

カウンター時の味方との連携

カウンター時の味方との連携が上手く出来ていますか?
ゴールキーパーからのボールが攻撃の第一歩と言われるように、カウンターを狙うなら味方が受けやすいボールを素早く送る必要がありますね。

 

 

また、キックするよりもスローイングでパスを出した方がより正確なボールが送れます。
とは言え、キックに比べれば遠くの味方に送ることは難しいと思うかもしれませんが、ペナルティーエリアをいっぱいに使えば、スローイングでもキックに負けない距離で、しかも正確なパスを送り出すことが出来るのです。

 

 

ルールでゴールキーパーは6秒間であればボールを持って何歩でも歩いて良いので、カウンターを狙うなら、ボールをGKがキャッチしたと同時にダッシュして、ペナルティーエリアぎりぎりまで行ってスローイングでパス送れば、効果的なカウンターを行うことが出来るでしょう。

 

 

そして、味方にパスを送る時は、攻める方向に走りながら味方がボールを受けられるように意識してスローイングすることで、次のプレーに移りやすくなります。
カウンターする際のパスの出し先は、敵のゴールに最も近い味方から考えるようにし、FW、MF、DFの順に、どのような状態かを確認していきます。

 

 

また、味方が攻め込んでいる時は、ペナルティーアーク付近まで出ておき、DFの裏をカバーし、相手のカウンターに備えたポジショニングを取りましょう。
何故なら、味方が攻め込んでDFラインを押しあげている時に最も怖いのは、GKとDFの間のスペースに、敵がロングパスで狙ってきた時です。

 

 

そんな相手がカウンターを狙ってきても、ゴールキーパーがペナルティーアークくらいまで、ポジショニングを上げておけば、直ぐに対応できるからです。
また、ループシュートには細心の注意を払うのはもちろんですが、GKが前に前に出ているのに、DFが安易な横パスなどをしてボールを奪われると、一気にピンチに陥るので、素早くシュート対応できる位置まで下がる必要があります。

 

 

ですが、慌てて完全に背を向けてゴールに走るのではなく、戻る時も半身になってボールから目を離さないようにして、サイドステップか、もしくはクロスステップでボールを見ながら下がるようにしましょう。

 

 

そして、いきなり相手がシュートを放ってくる危険がなくなり、ドリブルで攻め上がってきた時には、それに対応しないといけません。
ですが、安易に飛び出しても頭上や脇の下を抜かれるシュートをされてはいけないので、まずは相手の動きを見て、しっかり間合いを詰めることです。

 

 

その為には、相手のドリブルの際は、足からボールが離れたら間合いを詰め、足元にある時には構えるという動きを繰り返しながらセーブの瞬間を見極めるようにするのがコツです。
そして、十分に相手との間合いが詰まったなら、相手の足からボールが離れた瞬間を狙って思いきって跳び込んでも良いでしょう。

 

 

このようにしてゴールを守って相手のプレーを遅らせれば、DFも戻ってくることが出来る筈です。
いずれにしても、味方が敵陣を攻めている時、最終ラインがどこなのか?またボールがどの位置にあるのかでGKの立ち位置が決まってくると思います。
近年のサッカーはコンパクトフィールドでラインを高く設定し、攻守の切り替えがスムーズに行えるようなチームが増えて来ています。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、全般を通して、このポジショニングに関しては要所要所に解説を施してあります。ラインの位置次第でのGKの適正な位置を把握し、背後にボールが出た時にカバーを取れるところに立つ必要があります。

 

ボールが敵陣の時の適正ポジショニングとは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集