ディフレクト コツ ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ディフレクトのコツ

ディフレクトでの対応が上手く出来ていますか?
キャッチ出来ない時、ぎろぎり手が届くボールに対しては、手のひらや甲でゴール枠の外へ何とか触って逃れなければいけません。

 

 

このようなサッカーのゴールキーパーが手のひらや甲を使って、ボールをはじいてコースを変える技術がディフレクティング(ディフレクト)です。
当然ですが両手を使うよりは、片手のほうが高く、遠くのボールに手が届かせやすくなります。

 

 

いずれにしても、ぎりぎり手が届くボールと判断した場合は、片手でボールをさわりにいき、ボールのコースを変えて、ゴールの枠の外へにがすことです。
フィールドの中にボールを残してしまったら、敵に得点をとられてしまうくらいの覚悟を持って、しっかり外に出すことが大切です。

 

 

特に、高いボールは油断すると、後ろに落として、そのまま得点になってしまいます。
そして、ディフレクトのコツとしては、高いボールを手のひらで上へ押し上げる方法と、後ろにかき出す方法があるので、その時の状況によって使い分けるようにしましょう。

 

 

なお、この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDには、ハイボールで失点を防ぐために効果的なボール処理の注意点や、ディフレクトなどが失敗しない為に、身につけてもらいたいポイントなどを押さえた具体的な練習方法も分かります。

 

キーパー指導初心者でも、優秀なキーパーが育つ明確な練習メニュー、上達法が分かります!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集