フィスティング コツ ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

フィスティングのコツ

フィスティングが上手く出来ていますか?
例えば、浮き球など片手でのパンチングでもボールに届かない時には、思い切り腕を伸ばして、指の先を使ってボールに触れるフィスティングで処理する必要も出てきますね。

 

 

フィスティングは、パンチングの要領で手は握らずに、指を伸ばして、人差し指と中指の指先を使ってボールにタッチして、コースを変えてゴールから遠ざけるようにします。
自分の右から来るボールに対しては右手を使い、飛んでくる方向の手を使って対処します。

 

 

そして、ボールにタッチする瞬間に手首を返すことで、指先でもボールの軌道を変えてゴール前から遠ざけるように飛ばすことは出来ます。

 

 

ボールが来た方向に跳ね返すような大きな軌道変更は出来ませんが、向かってくる相手にボールを触らせないようにすることは出来ますね。
また、地面をころがってくるグラウンダーのボールに対しては、セービングと基本のフォームは同じですが、より遠くのボールに対応する時には有効です。

 

 

グラインダーでのフィスティングのコツとしては、左からシュートボールが転がってきたとすれば、まず左斜め前にダイブすることが大切です。
左足を一歩ステップしながら、左足のくるぶしの外側に沿って左手を伸ばして、指先でボールにタッチしてゴール枠から遠ざけます。どちらかと言えば、ボールを弾くというより、軌道を変えるという感じになります。

 

 

いずれにしても、セービングか、フィステイングかどうかの判断は、瞬時にボールの軌道を見極めて対応する必要がありますが、片手で行う分、より遠くまでボールに対応できるので、ゴール枠ぎりぎりに飛んでくる場合はフィスティングでゴールを守るようになるので、ボールを取れないと判断したら片手をいっぱいに伸ばして、ゴールを死守しましょう。

 

 

いずれにしても、ボールをキャッチ出来ない時の選択肢の一つになり、パンチングとの使い分けが出来るように繰り返し練習する必要があるでしょう。

 

 

チームに優秀なキーパーが育ちます!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集