フリーキック ディフェンス ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

フリーキックのディフェンス

フリーエリア内でやその周辺でフリーキックを相手に与えた場合には、ゴールキーパーはどのようにディフェンスすればいいのでしょうか?

 

 

まず、GKが考えなければいけないのは、シュートコースを断ち、直接シュートをされないようにする必要がありますね。その為には、ゴールの中央にGKがポジショニングをとり、ボールが見えなくならないように壁をを作ります。

 

 

したがって、ゴールの一部分だけをGKはカバするようになるということです。

 

 

この際の味方の選手が壁に入る人数は多ければ良いと言うものではなく、極端に多いとゴールキーパーがボールを見えずらくなるので、その時々の相手のフリーキックの位置によって決めます。

 

 

通常は、ゴールからフリーキックする位置が近く、中央よりになるほど壁に入る選手の人数は多くなり、逆にゴールから遠くなるだけ、壁になる人数は減ってくるようになります。

 

 

それぞれのチームによって戦術などやり方は違うと思いますが、壁に入る選手はディフェンダーよりミットフィルダーが適しているように思います。何故なら、DFは相手のマークに就くのが上手いからです。

 

 

いずれにしても、試合では練習したようにフリーキックを防ぐ壁を素早く作らなければいけません。
強いチームになればなるほど、壁を作っている間にプレーを始めようとしてきますので、GKは壁に入る選手に指示を出し、素早く作る必要があります。

 

 

そして、ゴールキーパーは、壁の端を抜かれないようにする為に、ニアポスト側には身長の高い選手を配置するようにしたほうが良いでしょう。
ニアポストに最後の選手が来るように並べて壁を作り、シュートがカーブしてくることも考えて、作った壁をサイドへ移動させたりと、適切に指示を明確に出すようにしましょう。

 

 

ですが、この時に壁がGKの前を塞いでしまうと、相手の蹴ったボールがみえずらいので避けるようにして、ゴールの半分程度はカバー出来るようにし、ダイレクトシュートを受けられるようにしておきます。
また、ボールが壁の上をカーブしてくる時のことも考え、常に備えておくことも必要です。

 

 

PKの練習方法とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集