パンチング ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

パンチング

パンチングが上手く出来ていますか?
どのようにやればいいのか、いまいちイメージができないという人も多いかもしれませんね。

 

 

ですが、相手が2人以上で攻めて来た時など、状況によってはキャッチせずにパンチングをすることも危険回避の為には必要になってきます。
実際にキーパーがファインセーブをする時は、そのほとんどがパンチングです。

 

 

基本は、両手を合わせるようにして、中指と人差し指の間の指の第2関節でボールを弾くようにします。この時には、何よりも確実にボールをミートさせることが大切です。

 

 

また、ジャンプしてボールをキャッチするのと同じように、相手がいてボールをこぼしてしまう危険性があると思ったら、自分の膝で敵をブロックするようにしましょう。

 

 

そして、出来るだけボールが飛んでくる方向と同じ方向にパンチをして弾くのではなく、逆などの違う方向にします。

 

 

その他にも、味方や敵が密集して多い時や、両手で出来ない場合は片手でのパンチングが有効ですね。この際は、状況によっても異なりますが、基本的には、ボールが飛んでくる側の拳を使い、出来る限り遠くに弾くようにします。

 

 

なお、肘の使い方が悪いと、パンチングしても遠くに飛びません。その為、結果的に近くにボールが落ちてピンチになってしまうので、パンチングを正しく身につ けるのはゴールキーバーには必須です。

 

 

パンチングを遠くに飛ばす押し出し方とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集