1対1の状況の対応 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

1対1の状況の対応

相手選手がディフェンスを抜き、ゴールキーパーと1対1の状況になった場合の対応が上手く出来ていますか?

 

 

1対1の状況でのセービングには冷静な判断が必要になり、GKがその状況を守りきれた時は、チームの雰囲気が盛り上がるのはもちろん、チームの仲間からの信頼を得ることが出来ますね。

 

 

ですが、その判断はとても難しいものです。
飛び込んだほうがいいのか、相手の出方を見るのか、どう対応すればいいのかとっさの判断も必要になります。

 

 

こういった1対1の状況での場面では、基本はゴールキーパー自信が我慢して待つか、それとも相手を焦らせるようにするのかのどちらかの対応をしなければいけません。

 

 

もちろん、どんな場面でもPKや退場をとられないように、ファールには気をつけて、無駄な得点を与えないように最小限に抑えることが大切です。

 

 

相手のドリブルなどのが素晴らしいボールコントロールをしていても、本能的に行動してむやみに相手に向かっていったり、飛び込んで行ってはいけません。
ボールをとるチャンスがあるのかなど、状況を観察することが第1です。

 

 

そして、シュートをブロック出来る可能性が低いと判断した場合は、落ち着いて冷静な状況を観察することのみで、危機的な状態を脱することが出来るのです。
したがって、ボールを奪い取れるという確信が持てない場合は、飛び込まずに我慢した方が良い結果に繋がる場合が多いです。

 

 

また、どうしても、相手が近づいてくると、ゴールを入れられてしまうことを考えプレッシャーを感じるものですが、メンタル面でもプレッシャーに負けない積極的に行動できる強さが必要です。

 

 

そして、敵が一気にシュートを打ってくるのか、それともゴールの近くまでボールを持ってくるのか、サイドを狙ってくるのかなど様々な可能性を考え、判断しなければなりません。

 

 

相手も、確実にゴールを決めようとするならゴールの近くまでボールを運んできますが、こういう時は相手もせっかちになっているものです。

 

 

こういう時のGKの対応は、飛び込まずに、足を止めて相手のシュートコースを潰すようにし、時間稼ぎをするようにすると良いと思います。
そうすることで、ディフェンダーがリカバリーに戻ってくる時間も作れ、相手の選択肢を減らすこともできますね。

 

 

そして、この時の注意点は、常に両足を揃えておくようにします。特に足が前後していると、後ろ足に体重がかかっていたら、シュートを打たれた時にどの方向にも対応が出来なくなってしまいます。
また、相手の体は見ないようにして、ボールだけを見るようにすると良いです。

 

 

そうすることで、フェイントにひっかかったり、相手にかわされるリスクが減ります。そして、我慢を重ね敵の動きを見極め、相手が抜きに来たり、シュートを打つ一瞬を見逃さないで思いきって頭から斜め前に、ボールに飛び込むようにしましょう。

 

 

いずれにしても、GKは状況を読み判断する能力、ここ一番と言う時の決断力、セービングテクニック、相手との駆け引きが上手く出来るようにしておくことが重要です。

 

 

この現役GKコーチ園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、1対1の場面でのフィールドプレーヤーのボールを捕る狙い目のタイミングや、駆け引きのコツを分かりやすく解説してあります。

 

1対1の攻略法とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集