ペナルティキック ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ペナルティキック

ペナルティキックをいかにセービングするかは、サッカーの勝敗において非常に重要なことですね。

 

 

1対1の状況のペナルティキックは、ゴールキーパーはもちろんですが、相手のキッカーにも相当なプレッシャーがかかっています。
特に試合が均衡していればしているほどプレッシャーは大きくなります。

 

 

そして、ペナルティキックには、主に2つの基本となるテクニックがあります。
一つは相手との駆け引きをする、もう一つは立ち位置からの姿勢から反応するというものです。

 

 

では、GKは何故、相手より早いタイミングで動くのでしょうか?
それは、早いタイミングで動かないとボールを止めることが難しく、相手がコーナーを狙ってこない時以外は緩いボールはほとんど来ないからです。

 

 

ですので、GKは勘でプレーすることが多いのですが、それゆえいくつかの策略を持ってプレーします。

 

@相手キッカーのタイプを判断する。
多くの場合、FWやMFよりDFは、安全性を重要視したプレーを試合中にする機会が多いため、蹴り足と同じ方向にボール蹴り出すという傾向が高いと言われています。

 

逆に相手を引っ掛けようとする経験が多くある選手は、GKの逆を突こうしてくることがあります。

 

 

A駆け引きをして、相手を誘う。
ボールをキッカーが蹴る為に助走を始めた際に、GKが左右いずれかに動きフェイントをかけ相手を誘います。
相手は動いた方向にダイブすると思い、反対側にシュートを放とうとしますので、そうなれば思い通りの駆け引きになります。

 

 

Bゴールラインに沿って動き、ミスを誘う。
ゴールラインに沿ってゴールキーパーが動くことで相手を不快な気分にさせシュートミスを誘う駆け引きもありますが、動いている方向の逆を突かれるとダイブしてとるのは難しくなります。

 

 

Cどちらか左右の一方で構える。
キッカーとの駆け引きで、ゴールの中心より左右どちらかによって構えると言う方法もあります。
これはキッカーの集中力を切らせるということが期待でき、狭いサイドに蹴るにはかなりの勇気がいり、多くの場合は広く開いているサイドに狙ってシュートを放つてくるものです。

 

 

ですので、GKは動いて広く空いているサイドをカバーする為にキッカーと駆け引きをする必要があります。

 

 

また、キッカーがボールを蹴る為の助走は、蹴る時の体勢に影響する為、これを注意深く観察することで何処をねらってくるか可能性を絞ることが出来ます。

 

 

キッカーがボールの正面から助走に来るときは、正面から軸足に放つ傾向が高いです。
また、少し斜めから助走してくる場合は、蹴り足と同じ方向にシュートを蹴ってくることが高いように思います。
なお、これは、右利きのキッカーからセーブをする場合になります。

 

 

ペナルティキックの緊張感を練習で再現することは難しいですが、だからといって練習しないで良いという訳にはいきません。

 

 

実はPKが得意なキーパーが必ずやっているコツがあります。
専門で指導している人以外は、あまり知らないことなので、これを知れば苦手意識をもっている選手でもPKが得意になることが出来るしょう。

 

 

PKの練習方法とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集