バックパスの対処 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

バックパスの対処

現代サッカーではゴールキーパーはルール変更により、バックパスが手で扱えなくなり手でボールを処理するだけでなく、足でも上手く処理できないといけなくなってきましたね。

 

 

これは単に、ショートパスやロングパスが上手く出来るようになるということだけではなく、ボールコントロール能力も求められているということです。
つまり、足でのボールコントロールの正確性が必要になってきています。

 

 

ゴールキーパーにフィールドプレーヤーがバックパスでボールを戻す理由としては、

 

・非常時の対策など、ボールを出すスペースがない。
・すべてをGKに任せる時。
・プレーの流れを変える。
・ボールをキープするため

 

 

などが考えられます。
ですが、GKがバックパスを処理する際に、効果的にクリアするだけではなく、スペースや時間がある時には落ち着いて味方にパスしなければいけません。

 

 

GKは、ディフェンスの最終ラインであり、一つの判断ミスが命とりになってしまう為、リスクを負わないように敵が近くにいる時などは安易なドリブルをしないようにし、必要以上のボールタッチは避けるようにした方が賢明です。

 

 

また、ボールコントロールなど基本練習をを行う上でウォーミングアップ時が大切な時間になります。
フットワークが軽くなる練習法や、GKの基本的な能力が身につくウォーミングアップをいくつかのバリエーションを紹介。

 

 

GKがやるべきウォーミングアップとは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集