クロスボールの対応 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

クロスボールの対応

クロスボールの対応(処理)が上手く出来ていますか?

 

 

基本的には可能であるならばGKが対応するのがベストですね。
ですが、ボールも人も動いており、経験に基づく瞬間的な判断が要求されます。

 

 

また、クロスボールが上がった時には、相手もゴール前に突っ込んでくるのでボールはもちろん、相手の動きに対しても注意を払う必要があります。

 

 

そして、クロスボールに対して一番先の最も高い位置で対処をすることが大切です。
近距離からシュート打たれるのと打たれる前なら、可能な限りGKが処理するのは必要です。

 

 

クロスボールでは、自分の頭上を越えるようなファーサイドにくる場合もあり、下がりながら対処しなければいけない場面も出てきます。
その為、ニア、ファー、両サイドを視野に入れた体制をとることが必要です。

 

 

そして、キャッチの際は相手をブロックし、自分の身を守るために、一方の膝を曲げておくことも忘れないように。

 

 

キーパーから見て、センタリングが左からなら、右足で踏み切るようにして、そのまま左ひざを相手に向けてジャンプし、キャッチするというように、相手がいる方向に膝を曲げ接触しても大丈夫なような動きをスムーズにできるように身につけましょう。

 

 

※ニア、ファーサイドって何!?
例えばセンタリングを自分でした時に、手前にあるポストをニアポスト、自分から見たら奥にあるポストをファーポストと言い、自分から近いポスト付近をニアサイド、自分から遠いポスト付近のことをファーサイドと言います。

 

 

また、相手選手ばかりに気を取られ過ぎていると、ボールの対処がおろそかになるので気をつけて下さい。
クロスボールで大事なのは、相手を意識しながらも、ボールに対する判断を間違わないように、1回1回集中して行うようにしましょう。

 

 

クロスボールの対応で意識しておかなければいけない事があります。

指導実演を交えてクロスでの対応方法が解説してあるキーパー上達DVD!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集