ボールの扱い方 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ボールの扱い方

ゴールキーパーはまず、ボールの扱い方を体得しないといけません。
現代サッカーでは、GKも11人目のフィールドプレイヤーとされており、手と同じくらいに足でもボールを扱えるようになる必要があります。

 

 

ショートやロングパスが上手く出来るようになるのはもちろん、ボールコントロール能力も必要ですね。
そして、練習でも、GKのバックパパスの処理する練習なども取り入れることも必要です。

 

 

フィールドの選手が、ボールを出すスペースがない場合やボールをキープしたりするなど、GKに任せ試合での流れを変えたい場合などにGKにバックパスをしますが、ひとつの判断ミスが失点にもつながります。

 

 

効果的にボールをクリアする為に落ち着いてボールコントロールをし、的確にボールを味方にパスをしなければいけません。

 

 

そして、出来るだけリスクを負わないようにすることが大切で、敵の近くで安易なドリブルなどをしないようにし、必要以上にボールにタッチはせず不用意なプレーによる失点を避けるようにしましょう。

 

 

また、ハンドリングはリラックスして構えることが必要で、ボールに対してすぐに反応し外に弾けるように練習をしましょう。

 

 

キーパーのレベルが格段に上がります。

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集