ハイボール 練習 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 上達法

ハイボールの練習

ハイボールの処理が上手く出来ていますか?
低い軌道で転がってくるようなグラウンダーのシュートの対応は難なくこなせるが、ハイボールになると上手く対応できない選手も多いのではないでしょうか。

 

 

特に最近は、ボールの落下地点を予測する空間の認知能力が低い選手が増えています。
自分が子供の頃には、野球でフライをキャッチしたりして遊ぶことも多かったのですが、今の子供たちは、そうした遊びをしなくなったからでしょう。

 

 

ですが、サッカーのGKの空中プレーの善し悪しは、ゴール前の安定感に繋がる非常に大切な能力の一つです。
その他に、ハイボールの処理に求められる要素としては、ボールに対してジャンプするタイミングを合わせることや、空中でバランスが崩れないようにするどが必要になります。

 

 

そこで、これらの弱点を補えるハイボールの練習としては、投げあげたボールを前転してキャッチするようにしましょう。
やり方としては、自分の手でボールをやや前方に投げて、前転し落ちてくるボールをオーバーハンドでキャッチします。

 

 

この時には、投げ上げたボールの落下地点とタイミングを見定めて前転しないと上手く取れません。
空間の認知能力を高めるには最適な練習になり、これなら1人でもできますね。

 

 

また、タイミングがずれたボールにリズムを合わせて捕球する感覚を養うには、2人で互いにボールを持って向き合い、1人が下側に、もう一人がハイボールを同時に投げて、その場から動かないでキャッチするようにします。

 

 

下側と上側は相手の手に到達するタイミングが違うので、捕球するにはリズムを調整して捕球する必要があります。
ハイボールが苦手な人は、普段の練習メニューに取り入れて、上手く処理が上手く出来るようにしていきましょう。

 

 

ハイボールの練習やコツがしっかり学べます!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集