ビルドアップ ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ビルドアップに参加して数的優位を作ろう

ビルドアップに参加していますか?
サッカーでは攻撃を組み立てることをビルドアップと言いますが、マイボール時にどのようにプレーするかは、現代サッカーのゴールキーパーにとって非常に重要な能力です。

 

 

何故なら、GKも11人目のフィールドプレイヤーとされ、基本的には最後尾でフリーになっているので、ビルドアップに参加できれば、後方で数的優位が作れ、パスを回し続けることが出来るからです。

 

 

例えば、ボールを持った選手がプレッシャーをかけられて、パスを出す場所が無くなった時でも、後方のGKが受け手になればボールを失うことはありませんよね。
そして、しっかり味方にボールを繋いでビルドアップすることが出来るチームというのは、ピッチ上で11体10になっているようなものです。

 

 

当然、ボーrを持っている時間が長くなれば、それだけ試合展開を優位に進めることが出来ます。
ですが、逆に参加しなければ、パスコースが一つ少なくなるということなので、それだけボールを失いやすくなるでしょう。

 

 

ただ、バックパスを受ける時に気をつけなければいけないのは、ゴールの枠内で受けないようにすることです。
ゴールのライン上で受けてしまうと、トラップミスをした時や、パスがズレたりした時に、そのままゴールに入ってしまう可能性があるからです。

 

 

ですので、よほど時間がない時以外は、ゴールの枠から外れた位置に移動して受けることです。
また、バックパスのボールが自分の元に来るまでには、僅かですが時間があるので、首を振って周囲の状況を確認しておくことが大切です。

 

 

これをしっかりやっていないと、相手がプレッシャーをかけてきた時に、大きく蹴り出すことしか出来なくなり、攻撃を組み立てることが出来なくなってしまいます。
相手がGKに圧力をかけてきたということは、どこかにフリーになっている選手がいるということでもあります。

 

 

首を振って周囲を見ておくことで、自由になっている選手や空いているスペースを見つけるこが出来れば、ボールを受けてからパスを出すまでの時間が短縮でき、チャンスも作りやすくなります。

 

 

なお、この時に最初に見ておくのは、逆サイドです。
ボールと逆側は比較的にスペース空いていることが多く、味方のフリーになっている選手も見つけやすいのです。

 

 

攻撃の起点になる実戦形式のビルドアップのトレーニングも紹介してあります!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集