クロスボールの移動は横向き ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

クロスボールの移動は横向きで

サッカーのハイボールの中でも、サイドからゴール前の選手を目掛けて蹴り込まれるクロスボールは、より防ぐことが難しくなりますね。

 

 

ですが、ゴールキーパーはフィールドの11人の中で唯一手を使うことができ、空中でのプレーの有利さを生かして活躍できるかが、守備力に大きく影響してきます。

 

 

 

そして、クロスボールでの対応する為の移動は、横向きで足を交差させて進むクロスステップを踏んで、落下地点に合わせることが大切です。
このようにすることで移動距離が伸び、守備範囲が広くなるのです。

 

 

ですが、クロスボールの軌道に対して真正面を向いてしまうと、思ったよりクロスが伸びてきた場合などには、体への後ろへの移動はスピードが出ないので、立ち位置を調整しずらくなり、ボールをそらしてしまう恐れが高くなってしまうのです。

 

 

つまり、点でボールをとらえるイメージになり難易度が上がってしまうのです。
ですが、横向きで移動すれば、線でとらえるようになりキャッチングもしやすくなるわけです。

 

 

いずれにしても、ゴール前のディフェンスは、GKの守備範囲の広さがカギになります。
なお、腕を大きく振りながら反動をつけて跳ぶと、ジャンプの高さは上がりますが、ゴール前には選手が入り乱れているので、相手に腕がぶっかって空中でのバランスを崩される恐れがあるので、跳び方にも注意しましょう。

 

 

選手が育つ明確な練習メニューが分かります!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集