ポジション 位置取り ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ポジションを意識した位置取り

サッカーのゴールキーパーは、ポジションを意識しながらゴール前で位置取りすることが大切です。
ポジショニングのセオリーは、既にお伝えしましたが、ボールのある位置とゴールの中心を結ぶ線上でしたよね。

 

 

例えば、至近距離からのスピードのあるシュートを蹴られては、いくら反射神経が優れていて反応速度があったとしても間に合いません。
その為、ポイントになるのはシュートを打たれる前のポジションになり、手が届く位置取りが出来ているかどうかです。

 

 

ですので、ボールが正面にある時にはゴールの中央にとって正対しておけば、左右どちらにも反応をすることが出来ます。
ですが、この時に気をつけなければいけないのは、ゴールライン上に立ってしまうとシュートコースをあけてしまうようになりますので良くありません。

 

 

かといって、前に出過ぎてしまっても、ループシュートされた時に対応しづらくなってしまうので、上を狙われても反応出来るポジショニングを心掛けるようにすることがポイントです。
ただ、状況によっては大胆に前に出なけれないけないこともあるので、臨機応変に前後に動けるようにしておく必要があります。

 

 

特に、相手チームに自陣で攻撃されている時にはゴールエリアの中央当たりで構えるといいと思いますが、身長のある選手なら、もっと前にも出られるので、自分にとってベストな位置取りを探すことです。

 

 

また、左右に移動したら合わせて動き、角度のないニアサイドはコースを狭め、遠いサイド(ファーサイド)は空ける位置取りをしましょう。

 

 

更に相手チームの左サイドで左利きの選手がボールを持った時には、ゴールから離れていく軌道を描くクロスが入ってくることがあるので、ペナルティエリアに蹴り込まれた場合に対応出来るように、少し前のポジションをとっておくと良いと思います。

 

 

ニア側をあけることになりますが、敵のフォワードがゴール前に揃っているなら、サイドと利き足が合っている相手がシュートを狙ってくることは少ないでしょう。
但し、シュートにもいけるポジショニングも意識しておくことも必要です。

 

 

いずれにしても、ゴールの中心点からボールへと線を伸ばしてポジショニングを決めることです。
ただ、これをゴールラインの中央から線を伸ばしてしまうと、ボールのサイドに寄り過ぎてしまったりするので注意が必要です。

 

 

このように全てのスキルはポジショニングの良し悪しで効果を発揮することもあれば、無意味になってしまうこともあるので、瞬時に状況を判断して適格にポジションを変えるベースとなる考え方を身につけておきましょう。

 

 

GKのポジショニングの最重要点とは?

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集