ロングスロー 対処の仕方,ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ロングスローの対処の仕方

ロングスローに上手く対処できていますか?
中距離のスローインで入れることが出来るロングスローは、クロスを入れらくらい危険ですね。

 

 

特に深い位置まで投げ込まれてしまうと、相手にヘディングシュートに持ち込まれてしまう可能性も高くなってしまいます。
これを防ぐ対処の仕方としては、ニアに立ってポジショニングし相手フォワードを抑え込んでおく必要があります。

 

 

それには、ゴールキーパーがロングスローを投げ込まれる前に見方ディフェンダーの2人に指示して、相手フォワードを前後からマークさせます。
このようにすれば自由に動けなくなるので、シュートに持ち込めなくなるのです。

 

 

この時には、ボール側の味方選手がカット出来れば一番いいので、GKが適切に支持してサポートしましょう。
仮にヘディングされたとしても後ろに反らす程度のこぼれ球なので、落ち着いて捕れば安全です。
ただ、他の相手選手が走り込んでくることもあるので周囲の状況を確認しながらキャッチすることが大切です。

 

 

更に、1人の味方選手に相手をマークさせて動きを抑え、もう一人の自由に動ける
ディフェンダーにロングスローで投げ込まれたボールをクリアさせる方法もあります。
そうすれば、GKは自由に動け、ハイジャンプなども出来ますね。

 

 

いずれにしても、コーナキックでのクロスボールやロングスローでの対処の仕方としては、大きく分けて2種類あります。
一つは、相手選手にそれぞれマークをつけることで、セットプレーに強い相手に対するミスマッチが防げるメリットがあるマンツーマン。

 

 

もう一つは、エリアを区切ってディフェンス選手がそれぞれを担うゾーンがあります。これは危険なスペースを重点的に守れるという長所があります。
ゴールキーパーはどちらで守るのかを明確にし、味方ディフェンスに的確な指示を出すことが大切です。

 

 

なお、対処や対応方法が分からず、試合でミスしてしまったり、上手くプレー出来ない状況に陥ることもあるでしょうが、そうした疑問点をそのままにしていては、選手として成長出来ません。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムではメールサポートもあるので、そのような疑問や悩みもしっかり解決してレベルアップしていきましょう。

 

 

購入者のメールサポートの凄さが評判です!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 DVDの中身 スポーツお勧めリンク集