ダイビングキャッチ ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ダイビングキャッチのコツ

ダイビングキャッチが出来ますか?
サッカーのゴールキーパーは、通常のステップでは対応出来ないゴールの上隅のスピードのあるシュートなどに対しては、横っ飛びしてのダイビングキャッチをする必要があります。

 

 

上手くキャッチング出来れば攻守の切り換えになる好セーブになりますね。
この時には、最短距離でボールを掴めるように斜め前に飛ぶようにするのがダイビングキャッチのコツで、普段からそのように意識を持つて行うことで、おのずと体の横でのセービングになります。

 

 

また、空中でタイミング良くキャッチする為には、ジャンプと同時に両手を伸ばしてしっかりシュートの軌道上に持っていくようにすることが大切です。
そいて、手首と腕を使ってボールの勢いを吸収しましょう。

 

 

出来るだけ、正面でのキャッチングと同じ動作を心掛けることで、シュートの威力に押されることもなくなり成功率も上がる筈です。
ですが、高く跳んで体から地面に落ちるようになるので、怪我をしないように体に負担のかからない着地動作を身につけることも重要です。

 

 

それには、横っ飛びした側の体の側面とボールを同時に地面につけるようにして行うことです。
これが受け身となって高い位置から落ちる衝撃を分散して、体への負担が減り、怪我などを防ぐことに繋がります。

 

 

ですが、怖がって足から着地しようとすると、かえって危険になることもあるので注意してください。

 

 

なお、シュートに威力があり正面に入れないような場合は、ボールをつかみとれずに後ろに逸らしてしまうこともあるので、リスクを避けてディフレクティングやパンチングに切り換える選択をしたほうがより安全でしょう。

 

 

園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、ハイボールのキャッチングやパンチングなどのやり方やコツもしっかり学べますので、ファンブルなどのミスでの失点も格段に減らすことが出来るでしょう。

 

ハイボールの効果的なボール処理の仕方をお教えします!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集