フィード 判断方法 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

フィードの判断方法

ゴールキーパーが前方の味方にパスを繋ぐプレーをフィードと言いますね。
最近はパスを繋いで攻め込むという戦術を用いるチームも増えてきたことから、ゴールキーパーがショートパスを用いて短い距離のフィードでディフェンスラインにボールを出すのをよく見かけるようになりました。

 

 

ですが、ゴール前から高く長いボールを蹴るプレーであるロングフィードをすべき場面でも、何も判断せずに短く繋いでしまってチャンスを潰してしまっているケースも少なくありません。
その為、常にその時々で状況に応じて最善の方法を選択する必要があります。

 

 

そんなフィードの判断方法は、相手ゴールに近すくように出すのがセオリーです。
これはサッカーにおいての攻撃の基本であり、ゴールキーパーでもフィールドプレーヤーでも同じです。

 

 

したがって、まずはじめに見るべきなのはフォワードです。
相手ゴールに最も近い味方の選手にボールを出せるかどうかを確認して、それが無理なようならその下というように、上から順に味方を探していくようにします。

 

 

また、キャッチングなどでボールをキープした時には、いくつかの選択肢がありますが、カウンターなどを狙う場面などで効果的なロングフィードとなるのが、手元からボールを落として横から空中で蹴るパントキックです。
いわゆるサイドボレーキックのことです。

 

 

滞空時間が短く、弾道の低いスピードあるボールを蹴ることが出来るからです。
例えば、相手のディフェンスラインが高いような時は、素早く敵陣にロングフィードすれば裏をつけるので効果的でしょう。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、速攻に生かせる横から蹴るスピーディで正確なパントキック習得方法が学べます。

敵陣の効果的な位置にボールを落としてチャンスを生み出すことが出来るなど、攻守にわたって優れたGKがチームに育つでしょう。

 

GK未経験でも効果的な指導が出来るようになれます!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集