ロングパス ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

精度の高いロングパスの技術を身につけよう

精度の高いロングパスが出来ますか?
相手チームが高い位置からプレッシャーかけてくる時などは、センターバックあたりまでボールを奪いにくることがありますね。

 

 

そういった場面では、味方が相手のプレスかを回避する目的でバックパスがくることもあり、そうした時にはゴールキーパーは飛距離の長いキッウで安全なところまでクリアしなければいけません。

 

 

また、相手のプレッシャーなどの状況を見て、コントロール出来る時間があるようなら、単に遠くに蹴るだけでは相手と五分のボールになってしまうので、味方の前線に繋ぐロングパスが蹴れる技術が必要になります。

 

 

その為には、足の内側で、親指から足首の付け根でボールをインパクトするインフロントと、足の甲で蹴るインステップキックを磨いて、状況によって上手く蹴りわけることが出来るようになることです。

 

 

そして、インフロントキックはコントロールの精度が高く蹴れるのが特徴で、味方が開いてサイドにいる場合など、ピンポイントでパスでつなげたいような時に有効です。

 

 

一方、インステップは、最もパワーがあるキックなので、遠くの味方に送るなど飛距離を重視した場面で効果的です。
敵陣にボールを落とせるので、味方が競い合いに勝てば、深い位置から攻撃に移れ、チャンスを生み出すことが出来ます。

 

 

この時に、ボールの下部を蹴れば高く上がる軌道になりますし、上体を被せるようにければライナー性の低い軌道になり、ヘディングなどの競い合いにならず攻撃を展開出来ます。
但し、相手に途中でカットされる可能性もあるので、状況を見て行うようにしましょう。

 

 

いずれにしても、多くの子供の持つ悩みとして多いのは、ゴールキックの飛距離アップとコントロールが悪いことです。

 

 

ですが、この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、コツを知って指導通りに練習することで、一か月ほどの見違えるほど精度の高い飛距離のあるロングパスなどのキックが出来るように上達している子供も多いです。

選手はもちろん、どのように教えたらいいのか指導法でお悩みの方も非常に参考になるでしょう。

 

GK未経験でも効果的な指導が出来るようになれます!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集