グラウンダーのクロス 対応 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

グラウンダーのクロスの対応

グラウンダーのクロスの対応が上手く出来ていますか?
サイドからボールを入れてくるクロスは、サッカーのオフェンス側の有効的なプレーですが、その中でも、低い軌道でボールを転がすようにペナルティエリアに蹴り入れられるグラインダーのクロスは、特に注意が必要ですね。

 

 

何故なら、蹴り入れられるボールにもシュートのようなスピードがあり、足に合わせられてしまうと、どうすることも出来ないまま失点してしまうからです。
また、味方のディフェンダーの足に当たってオウンゴールすこともあるでしょう。

 

 

そして、このグラウンダーのクロスは、相手がドリブルでゴールライン際まで突破してきた際に入れてくることが多く、キーパーとディフェンスの間を狙って、ゴールから離れるようなマイナス気味のボールを入れてくることが多いものです。

 

 

当然、先に敵の選手に触られてしまうと、得点を許してしまうので、離れていくボールをしっかクリアしなければいけません。
その為には、ニアポスト側にポジショニングをとって素早く対応出来るように準備しておくと良いでしょう。

 

 

また、そのまま突破してきた場合なら間合いを詰めるようにします。
なお、このマイナスのクロスの時には、ボールと正対している姿勢で、ゴールと反対側の足に重心をかけることがコツです。そうすることで速く動くけるようになり、いつでも飛び出せるようになれるでしょう。

 

 

クロスボールの対応の仕方をお教えします!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集