エリア外 シュートの対応 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

エリア外からのシュートの対応

エリア外からのシュートに上手く対応することが出来ていますか?
サッカーでペナルティエリア外からの長い距離から打たれるのがミドルシュートですね。

 

 

このようなエリア外からのシュートは、相手との間合いを詰めることが出来ないですし、パスやドリブルをしてくる可能性もあるので、対応が難しくピンチを招きやすいものです。

 

 

このような場合でのゴールキーパーに大切になってくるのが、ボールの動きに合わせてポジションを変えることです。
常に相手の動きを予想して準備をしておけば、どのタイミングでシュートを打たれたとしても反応できるようになる筈です。

 

 

そして、ゴールに結びつくチャンスが最も多い、センターバックとMFの間のスペースのバイタルエリアあたりで相手がボールを持っている状況では、デイフェンスラインの裏のスペースを守る為に、少し前にポジションをとったほうが良いでしょう。

 

 

ですが、相手がシュートを打ってくると思ったら、カバーをやめて相手の動きを予想しながら、通常のポジションに戻りましょう。
また、エリア外からシュートを防ぐ為には、ボールを持っている相手選手の動きを良く見て、予測することが大切ですね。

 

 

空いているシュートコースなどはないかなど、冷静に確認しましょう。
当然、相手も威力のある速いボールを蹴ってゴールを狙ってくるので、キャッチングが難しいようならディフレクティング(ディフレクト)で、ボールを確実に弾き出しましょう。

 

 

ただ、ボールを前に弾くと、そのこぼれ球を相手フォワードがシュートを打とうと詰めてくるので注意が必要です。
なお、ミドルシュートなどはゴール枠を外すことも多いので、無理に触ってコーナ一キックにすることはありません。
ボールの軌道を良く見るのはもちろん、ボールが来る方向まで動いて見極めましょう。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、セービングの技術はもちろん、瞬時に状況を判断して適格にポジションを変えるベースとなる考え方が学べ、相手の動きを予想することが出来るようになれ、堅実な守りが出来る優れたキーパーが育つでしょう。

 

キーパーの練習や指導法でお悩みの方必見!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集