至近距離 シュート前 ポジショニング ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

至近距離からのシュート前のポジショニング

至近距離からのシュートを打たれる前のポジショニングはどのようにしていますか?
サッカーのゴールキーパーのポジショニングの基本は、ボールの位置とゴールの中央を結ぶライン上で構えることですね。

 

 

そして、相手が至近距離からスピードのあるシュートを打ってくる場合には、いくらボールに反応する速い選手でも間に合いません。
その為、重要になってくるのがシュートを打たれる前のポジショニングです。

 

 

その為、左右どちらにシュートを打たれたとしてもボールに手が届く位置取りが出来るかどうかです。
この時も基本となるのがボールとゴールを結ぶ線上ですね。

 

 

ですが、この時にゴールラインに立ってしまうと、シュートコースを空けてしまうようになるので良くありません。
かと言って、前に出過ぎるとシュート角度を狭まくすることが出来ますが、ループシュートなどを打たれた場合には対応しづらくなります。

 

 

したがって、どちらにも反応出来るポジショニングを意識して行うことが大切になります。
また、相手がサイドから至近距離でシュートを打ってくる場合も、ポジショニングの基本を徹底し、体の正面をボールに向けて、シュートとクロスボールの両方に備えましょう。

 

 

ポジショニングする際は、ゴールの中央を基点にして、ボールへと線を伸ばして決めるようにするのがコツです。
ですが、良くボールに引っ張られてニアに寄りすぎてしまうのことがあるので注意しましょう。

 

 

なお、右サイド(相手チームからは左サイド)で相手のボールを持っている選手が左足が利き足の場合は、シュートがゴールから離れていく軌道を描くアウトのクロスボールが入ってきます。
その為、少し前にポジショニングして、ペナルティエリアに蹴り込まれる場合に備えると良いです。

 

 

このようなポジショニングしてしまうと、ニアを空けてしまうようになるりますが、ゴール前に相手フォワードが揃っていれば、利き足が同じ右サイドの選手がシュートを狙ってくる可能生は低いでしょう。

 

 

なお、クロスの対応では飛び出しが大切になってくるので、前足に重心をかけて素早く落下点に入れるようにしましょう。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、フィールド選手をうまく使ったGKのポジショニングや、キャッチの練習方法など、習得すべきポイントが分かりやすく解説してあります。

キーパー未経験の指導者でもコーチングで悩むことがなくなり、チームに優秀なGKが育つでしょう。

 

キーパーの練習や指導法でお悩みの方必見!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集