ディフェンスラインを突破 対応の仕方 ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ディフェンスラインを突破された際の対応の仕方

ドリブルでディフェンスラインを突破された際の対応の仕方はどのようにしていますか?
この時の間合いは、ボールに飛びこめる距離でもありますね。

 

 

こうした相手にドリブルで1対1の状況に持ち込まれたら、まずシュートコースを狭めることを考えなければいけません。
ゴールライン付近にポジションをとっていると、相手にシュートコースを与えることになってしまうので、前に出て、シュートを打てる角度を狭めるようにすることが大切です。

 

 

この時はいつもより重心を落として構えるようにして、反応を良くすることを意識します。
ですが、不用意に前に突っ込んでしまうと相手にかわされてしまうので、足からボールが離れた瞬間に動くようにするのが、ドリブルでディフェンスラインを突破された際の対応の仕方のコツです。

 

 

このようにすれば、相手にかわされる危険を避けることが出来ますね。
また、相手との距離を縮めることで、プレッシャーを与えることにもなり、ミスをしやすくもなるのです。
この時には、ボールの正面に位置取りするのがポイントで、どちらかが開いていると、その方向を狙われてしまいます。

 

 

ただし、重心を落として、腰を下げている構えなので、股が大きく開いている姿勢となることから、股抜きをされないように注意する必要があります。
この場合は、素早く反応して、膝を地面につけて防ぐようにしましょう。

 

 

なお、シュートを打たれる瞬間に腰があがってしまうと、左右にシュートコースができ、ゴールを決めっれやすくなるので、常に腰を低くすることを意識して構えましょう。
更に重心が後ろにかかってしまうと、反応速度が遅くなり、相手のドリブルやシュートに対応が出来なくなるので注意しましょう。

 

 

いずれにしても、足はいつも動かして、ベタ足でシュートされるのを待たない対応が重要ですが、まず知って欲しいのは、細かいステップや自分の身体を自由に扱えるようになることです。

 

 

この園部大介監修のゴールキーパー育成プログラムDVDでは、基本技術の応用としての「1対1」を詳しく映像で解説してあるので、絶対絶命のピンチを回避できる可能性がグッと高まり、チームメイトから信頼されるGKになれるでしょう。

 

絶対的に不利な「1対1の状況」の対応の仕方をお教えします!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集