バウンドボール キャッチング コツ ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

バウンドボールのキャッチングのコツ

バウンドボールのキャッチングが上手く出来ていますか?
ゴール前でバウンドするボールは、後ろに逸らしたり、振れたとしてもキャッチしにくく、弾いたこぼれ球を相手に拾われピンチを招くこともありますね。

 

 

サッカーのゴールキーパーにとって、このようなゴール前でバウンドするシュートは、キャッチミスをしやすいので、正しいキャッチング技術を身につけておく必要があるでしょう。

 

 

バウンドするボールのキャッチングのポイントとしては、ボールの軌道に入って正面で構えることが大切です。
そのようにすれば、仮にキャッチミスをしたとしても、体にボールを当てることが出来るので、後ろに逸らすことがなくなり失点を防げるのです。

 

 

また、この時に地面を転がってくるグラウンダーのボールをキャッチするのと同じように、下向きに腕を伸ばして、両手を揃えるのがコツです。
そして、ボールがこぼれないように両手で抱えるように胸の前でキープするようにします。

 

 

キャッチするタイミングは、バウンド直後がベストです。
このタイミングなら、イレギュラーバウンドの影響がないのでキャッチしやすいからです。

 

 

なお、ボールの軌道に体を入れることが出来ず、正面で構えられなくて、手だけでバウンドボールを処理しようとすると、威力のあるボールだったらそれだけ後ろにボールが逸れて失点してしまう可能性が高くなるので、手だけ動かすのではなく、体全体を動かして捕球するようにしましょう。

 

 

いずれにしても、バウンドボールを含め、ゴロをキャッチする場合は出来るだけ体の正面で受けることです。

 

 

ピンチを招く不安定なゴロの取り方を改善する練習方法をお教えします!

 

ゴールキーパー育成プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 GK上達のポイント GKの基礎練習 スポーツお勧めリンク集